個人事業主として独立すると、営業活動や商品開発業務だけでなく、帳簿記入や決算書作成などの事務作業もやる必要があります。
独立当初は、予想よりも間接業務が多く戸惑う人もいるようですが、間接的な事務作業も立派な経営の一部だと理解し始めると面白くなってくるはずです。

その代表的なものが決算書作成に関する作業です。
決算書は、青色申告をしている人の税務申告書に添付する必要があるためほとんどの自営業者が正規の簿記の原則に則って作成することになります。
銀行からの融資を受ける場合にも必要な財務諸表です。ただし、ほとんどの自営業者は簿記などやったことがありませんので、その面白さを感じる前に面倒でつまらないものと感じてしまうでしょう。

そういった場合は、世の中に多数出回っている会計ソフトを利用することをお勧めします。会計ソフトを利用すれば、複式簿記のルールなどわからなくても、効率的に決算書を作成できるようになるでしょう。
消費税率のアップや会計ルールの変更等にも無償でバージョンアップソフトを手に入れられますので、購入後のメンテナンスや法改正対応も安心です。

会計ソフトの活用で帳簿の作成自体が簡単になれば、そのデータを利用しての経営分析も容易にできるようになるでしょう。それによって、自分の事業の悪い点を修正して効率的な経営に近づけていくことができます。
一度でもそういった経験をすると、決算分析の面白さを感じ、日々の会計データの入力も苦にならなくなるはずです。

また、会計ソフトでの会計処理を自身で行うことで、税理士を雇うための支出を減らすことにも繋がり、業績を把握するためにも会計ソフトの使用は個人事業主の効率的な会計処理法であるといえます。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*